MENU

女性に多い爪水虫とその治療方法

 

女性の脚

 

ヒールなどを履く事が多い女性は意外と爪水虫にかかりやすいという傾向があるようですね。爪水虫とは水虫の白細菌が爪の中に侵入して繁殖してしまっている状態の事ですが、通常の水虫よりも治りにくいのと、どうしてもほっておく女性が多いこともあって、女性の感染者が徐々に増えてきているのではないでしょうか。

 

治療方法としては、男性と同じく病院で爪水虫専用の薬を処方してもらう方法が基本的なものとされています。薬も塗り薬と飲み薬の2種類があるので続けやすいものを選ぶ事ができますし、病院での治療以外にも自宅で爪水虫のケアを行うことによって徐々に症状を改善させていく事ができます。

 

特に自宅でのケアは非常に重要なものとなっているので、再度感染したり症状を悪化させないためにも病院でのケアと自宅でのケアを両立させる事が必要です。

 

完治するまでにかかる期間としてはおよそ6ヶ月以上と言われているため、根気よくケアをしていく事が大切になっています。

 

授乳中における爪水虫治療で注意するべきこと

爪水虫の治療で女性が最も気になるのが妊娠中や授乳中の治療で、特に授乳中であれば母乳からの赤ちゃんへの悪影響が懸念されています。

 

そのため基本的に赤ちゃんへの影響などの安全面を考慮するのであれば、実際に副作用や影響が出る可能性が否定できない飲み薬は使用しない方が良いかもしれません。

 

このため一般的にこの授乳中の爪水虫治療では飲み薬よりも塗り薬の方が推奨されており、こちらの場合は普段のケアで赤ちゃんに対する感染予防を行なっていれば影響はなく安全に治療する事ができるようになっています。

 

ただし、塗り薬の場合は飲むタイプのものよりも治療効果が弱いというデメリットもあるので、そちらで対応する場合は必ず毎日ケアを行うのと同時に定期的な病院でのケアも行う事が望ましいとされています。

 

またどうしても病院に行く時間がないという人の場合は、ジェルタイプのクリアネイルショットがオススメです。今までの塗り薬はどうしても固くて厚い脚の爪には浸透しづらかったのですが、クリアネイルショットは浸透特化型の爪専用ジェルとして、今注目されているのです。

 

管理人もクリアネイルショットを使って、爪が綺麗になったので、一度使ったみる価値はある商品だと思います。クリアネイルショットの体験レポートに詳しく書いてますので、参考にいてしただければ幸いです。

 

爪水虫と不妊に関係ってあるの?

一部ですが、爪水虫と妊娠が関係しているといういうものがあり、爪水虫によって不妊になってしまうのではないかという噂があります。

 

これに関しては基本的に爪水虫と妊娠というものは全く関係ないものだと断言してもいいでしょう。爪水虫になってしまったり爪水虫の治療を行なっているからといって不妊になってしまうということはありません。

 

つまり直接爪水虫が何らかの影響を与えるという事はないのですが、注意しておくべきなのが爪水虫になってしまったり、その治療によって起きるストレスです。特に爪水虫の治療は長期間かかってしまいますし、病院でのケアや自宅でのケアもこまめに行わなければいけないので精神的に参ってしまうこともあるでしょう。

 

こういったイライラがストレスの原因となってしまうのですが、それによってなかなか子供ができないという状態になってしまうことはあるでしょう。そのため直接因果関係はないものの、間接的に爪水虫によるストレスが影響するという事はあるかもしれません。

 

爪水虫をうつさないネイルケア・爪きり使用の注意点

爪水虫は放っておくと一緒に生活している家族などに感染してしまうため、普段通りのネイルケアを行なっていると他の人にうつしてしまう可能性が高くなります。そのため爪水虫になってしまった場合は基本的にマニキュアやネイルはしないようにするということが原則になっています。

 

それでもどうしても、ケアをする必要のある時は注意点がいくつかあります。

 

例えば爪きりの場合は自分専用の爪切りを使用し、爪が柔らかくなっているお風呂上りなどに行う事が望ましいとされています。またどうしても切れないと言う場合は別の爪切りで試すなど、普段よりも爪が厚くなっている事を考慮したケアが必要になっています。

 

 

実は、私も爪水虫を患っている時の爪切りには難儀しました。ゴワゴワで厚くて、強引に切れば爪が割れてしまいそうになったのです。ドラッグストアで一番高いものを買って使っても満足できるほどの切れ味はなく、本当に困りました。そんな時に見つけたのが匠の技と命名されたステンレス製キャッチャーつめきり


匠の技爪切り

 

 

1,600円とそれほど高くはないのにも関わらず、凄い切れ味なんですねぇ^^

 

スパッと切れるというのでしょうか。
いつもなんて固い爪なんだ!と思っていたのですが、まるで柔らかくなったような錯覚を覚えてしまうほど軽〜くスパッと切れてしまうんですね。言葉では言い表しにくいのですが、さすが匠の技ですね。


 

こういったものを探すと良いと思います。

 

またヤスリで削る事によって塗り薬の浸透率を高める事ができるようになっているので、塗り薬を使う前にヤスリを使って表面を削るというネイルケアもおすすめされています。ただしこの場合はヤスリで削った粉が周囲に散乱しないようにする必要がありますし、削りすぎてしまうと爪がはがれてしまうので要注意です。

 

爪水虫とアロマオイルについて

アロマオイル

 

最近爪水虫のケアにアロマオイルを使用する事がおすすめされているのですが、そのポイントとなっているのがアロマオイルに含まれている殺菌効果です。

 

実はアロマオイルには殺菌成分が含まれており、この成分が爪水虫の原因である白癬菌に非常に高い効果を持っているということが判明したのです。

 

使い方としてはアロマオイルの原液2滴ほどを希釈用のキャリアオイル10ミリほどに混ぜて、お風呂上りなどに綿棒などを使って爪水虫に塗るだけです。原液を使ってしまうと刺激が強いため、キャリアオイルで希釈して使う方が肌に対して安全だとされています。

 

ほかにもお湯に混ぜて使用することによってリラックス効果でストレスを軽減する事ができるほか、臭い対策もすることができるようになっているのでこちらもおすすめです。

 

ちなみにどんなアロマオイルでもある程度殺菌効果を持っているので自由に選ぶ事ができるのですが、しっかりとケアをしたいという人におすすめされているのが殺菌成分が高いとされているティーツリーオイルです。


 

関連ページ

爪水虫とは?
爪水虫の初期症状は、爪が分厚くなり、真ん中の辺りに白いものが現れます。最初は特定の爪の根元部分で発生しやすく、治さないでいると爪のタンパク質を破壊して、爪が欠けたりはがれたりします。初期の段階ならば治りやすく、効果的なケアをすれば十分に治療は可能です。
白癬菌についての基礎知識
白癬菌は真菌の一種で、いわゆる水虫の原因菌です。皮膚に侵入して、かゆみや水ぶくれや皮膚の角質化などの症状を起こします。白癬菌が住み着く場所によって分類されますが、足白癬が一般的に言われる水虫で、指の間の皮膚がふやけて白くなったり、むけたりします。
爪水虫の有効な治療方法と完治までの期間
爪水虫かどうか、爪になんらかの症状があるなら、基本的に飲み薬での治療が行われていますが、昨今では、新たに爪の中に有効成分を届けることができる塗り薬が開発され、使われるようになっています。治るまでには最低でも6ヶ月、人によってはそれ以上必要となります。
爪水虫を治療する塗り薬・市販薬の種類
爪水虫を治療する塗り薬・市販薬の種類について解説。塗り薬には、病院で処方するエフゲン、クレナフィン、ルコナック等がありますが、最近は爪水虫専用ジェルのクリアネイルショットが、その高い浸透力で、爪床の奥深くにいる白癬菌にまで効果があると評判です。
爪水虫を治療する飲み薬の種類と副作用について
爪水虫は、飲み薬での治療が常識とされていて、代表的な抗真菌剤は、ラミシールやイトリゾールです。ただ、胃部不快感や吐き気、特に肝臓機能障害の副作用が起こることがあります。治療期間中は定期的な血液検査をすることで異常がないのかを調べることが一般的です。
爪水虫を自分で治すために必要な知識特集
爪水虫は、病院で内服薬をもらって治療する方法もありますが、自分で治す方法として爪水虫用のジェルが最近販売され、一定の効果がでています。ただ六か月以上は毎日塗り続けなければいけません。さらにヤスリを使ったケア方法やアルコールを使った予防も大切になります。
爪水虫の予防で最低限やっておきたい事特集
爪水虫は他の家族、赤ちゃんにも伝染る可能性があるので、しっかりと対策をしておかなければなりません。ここでは靴下や玄関マットやお風呂マット、布団の取り扱い方、足湯、ネイルでの予防対策について書いています。
手の爪も爪水虫になる!治療に必要なこと
足の爪水虫が手にもうつる事があり、指先の爪に症状が出るようになります。手の爪水虫の治療方法としては、塗り薬などの外用薬だけでなく、内服薬も併用が基本になりますが、足水虫同様、爪のターンオーバーのことから治療するのに時間がかかります。