MENU

爪水虫(爪白癬)とは白癬菌が爪の中に入り、爪が白く濁ったり、硬くゴワゴワになる症状です。皮膚の水虫と違って、爪は硬く薬が浸透しにくいことと、爪の生え変わりが6ヶ月程度かかるため完治するのが難しく期間が長くなるのが特長です。

 

有効成分を爪の中に浸透させることができれば、白癬菌を効率よく攻撃することができ、よほどの酷い爪水虫以外は爪水虫が治まることが可能になりました。

爪水虫の対策製品記事一覧

管理人は爪水虫が酷くなってきたので、抗真菌剤の内服薬を飲む治療をはじめましたが、肝機能の数値が異常に高くなる副作用が発症。そのため爪水虫に効く塗り薬を探していたところ、高い浸透力を誇るクリアネイルショットを購入して使ってみることにしました。実は、注文が殺到して生産が追いつかないほどなのだそうです。申し込んでも2週間ほどかかる時もあるとか・・・きれいで健康的な素足でいたいのに、爪がにごってしまってい...

最近まで爪水虫用の市販塗り薬はほとんどありませんでしたが、アメリカで人気のDr. G’s クリアネイルをご存知でしょうか?爪水虫に悩まされていた方は、なんとか薬を飲まずに治したいものですよね。そこで何か良い製品はないだろうかと探していたのなら、知っている方も多いかもしれません。有効成分のトルナフタートが爪の表皮から浸透し、爪の下に潜む白癬菌を抑えるということが書かれています。白癬菌を死滅させるとい...