MENU

爪水虫とは?

 

足

 

普通の水虫とは違い、治療にも時間がかかってしまう爪水虫。
爪水虫とは、そもそもどんな症状なのでしょうか?

 

爪水虫は、かびの一種の白癬菌(はくせんきん)が爪の中にまで感染してしまうことです。

 

中には他の指にもうつってしまう方もいますが、爪水虫になる人の多くは、足の親指の爪に発症します。私もそうでした。最初は足の親指が白く濁って、ゴワゴワしている。またカタチも変わってきているなと感じたら白癬菌に感染していると思ったほうが良いでしょう。

 

一度爪水虫になると治療期間が長くなるし、他の人に感染しないようにスリッパや靴下、バスマットなどにも注意を払わなければなりません。

 

日本人の10人に1人という割合で爪水虫になっていると言われています。また高齢者ほど爪水虫になりやすく、超高齢化社会を向かえるにつれて増えてくると思われます。こういったことから、今後ますます市販の爪水虫対策製品が注目されてくるのではないでしょうか。

 

爪水虫に現れるその初期症状について

爪水虫の足

 

爪水虫の症状は悪化すると治療が難しくなるため、初期の段階で改善をすることが重要になります。ただこの病気は痛みなどが殆どないので、気づかないまま問題が悪化してしまうことがあります。

 

そういう所がありますから日頃から足の親指などを見て、問題が起こっていないか確認をすることが大切です。

 

爪水虫の前兆としてあるのは爪が分厚くなり、真ん中の辺りに白いものが現れることです。
水虫になると細菌が色々な問題を起こすため、爪と皮膚の間で免疫と水虫菌との戦いが起こります。そうなると爪が分厚くなりやすく白く見えてくるので、このようなことが起こってきたら爪水虫の可能性があります。

 

爪水虫というと臭いで分かるのではと考える方もいますが、臭いだけでは病気の把握をすることはできません。この症状は特に臭くなるわけではないものなので、そういう形で問題を調べるのは難しいのです。

 

ただ足が蒸れた状態だと爪水虫になりやすいので、足を臭く感じる時は問題が起こっていることもあります。

 

断面から見る爪水虫の詳細

足爪の断面

 

爪水虫になるとこの部分の厚みが増えることがありますが、それは水虫菌が繁殖して問題を起こすからです。

 

この水虫菌は爪床と呼ばれる奥のところに入り込み、そこで色々な問題を起こすようになります。水虫菌はタンパク質を分解する性質があるので、細菌が増えてしまうとだんだん爪がボロボロになります。このようなことを断面から見ると下にある皮膚の辺りと、その上の部分との隙間に細菌が入ります。

 

それまま症状が悪化すると隙間の細菌が増えていって、影響の強い所からボロボロに崩れていきます。この症状になった時は最初に感染したところがあって、そこから徐々に範囲が広がって悪化します。

 

最初に悪化した所はそれだけ細菌が多いため、症状が悪化するとその部分がはがれるなどの頃が起こります。断面から見ると皮膚に近い所に水虫菌が沢山いて、それが色々な問題を起こしていることがわかります。

 

この症状は奥の方にできる問題ですから表面からは分かりづらいですけど、断面か横から見ると分かりやすいです。

 

爪水虫初期のケア方法

爪水虫になったときには初期の段階ならば治りやすく、効果的なケアをすれば十分に治療は可能です。最初の段階では水虫菌も広がっていないため、市販されている製品を使うことで治すことができます。その時は水虫菌を弱らせる必要がありますから、足の部分を乾燥させるなどの方法が効果的です。

 

水虫菌は足が蒸れていると増殖をしやすいため、乾燥をさせれば細菌の増殖を抑えることが可能になります。また同じ靴を毎日はいていると増殖をすることもあるので、時々靴を変えることも問題の改善に使えます。

 

爪水虫の初期症状に対しては爪の周囲を衛生的に保ち、乾燥をさせて蒸れないようにすることが大事です。更に市販の薬を使えば治せることがありますけど、完全に良くするためにはある程度の時間がかかります。

 

人の爪は生え変わるまである程度時間がかるため、完治をするために半年から一年程度時間がいります。爪水虫になり始めの状態でもそれは変わらないので、ある程度の時間がいることは理解しておいたほうがいいです。

 

爪水虫を放置することで生じる影響とは?

足全体に水虫菌が広がる

 

爪水虫は自覚症状がない問題なので、気づいたときには悪化してしまうことがあります。

 

ではこの症状を治療せず放置するとどうなるかというと、足全体に水虫菌が広がることになります。爪水虫は最初は特定の爪の根元部分で発生しやすく、それが一つの爪全体に影響を与えてきます。その状態で治さないでいると爪のタンパク質を破壊して、爪が欠けたりはがれたりすることが起こってきます。

 

そういう形になったあとでも治さないと、今度は隣の足の爪に感染をしていくことになります。水虫菌は周囲に広がりやすい特徴がありますから、適切な対応をしないと足の爪が全部だめになります。更に片方の足で起こった爪水虫が、もう片方の足の爪に広がることもあるので注意がいります。

 

爪水虫を放置しておくと爪がぼろぼろになってはがれてしまい、足の爪が機能しなくなります。そしてそういうことが自分の足の爪に広がってしまうため、悪化してしまうと治療を終えるために長い時間がかります。

 

爪水虫の爪と靴で圧迫された爪を比較

爪水虫になったときはこの部分が白くなって、ちょっと浮いたような感じになることがあります。そういう問題を爪甲剥離症と呼ぶのですけど、この問題は別のことが原因で起こることも多いです。

 

この症状は一部が白く見えて浮き上がる問題ですが、水虫以外でも靴で圧迫された時に起こることがあります。

 

爪甲剥離症 は細菌によって起こることもあるのですけど、外部からの圧力でも発生をします。
細菌と外部からの圧力による見た目の違いはあまりないので、それだけではどちらか判断ができないことがあります。そういう時は病院に行って検査を受けるとよく、調べてもらって水虫菌がいなければ圧力によるものになります。

 

水虫菌がいる場合は細菌によるものなので治療をうければ改善は可能ですが、水虫菌以外のバイ菌が原因の場合もあります。この症状は水虫になった時に発生しやすいものですが、爪をぶつけたときに怪我として起こることもあります。

 

それ以外でも圧迫しやすい靴を使っているときも起こるので、何が原因か分からない時は病院での検査が必要です。


 

関連ページ

白癬菌についての基礎知識
白癬菌は真菌の一種で、いわゆる水虫の原因菌です。皮膚に侵入して、かゆみや水ぶくれや皮膚の角質化などの症状を起こします。白癬菌が住み着く場所によって分類されますが、足白癬が一般的に言われる水虫で、指の間の皮膚がふやけて白くなったり、むけたりします。
爪水虫の有効な治療方法と完治までの期間
爪水虫かどうか、爪になんらかの症状があるなら、基本的に飲み薬での治療が行われていますが、昨今では、新たに爪の中に有効成分を届けることができる塗り薬が開発され、使われるようになっています。治るまでには最低でも6ヶ月、人によってはそれ以上必要となります。
爪水虫を治療する塗り薬・市販薬の種類
爪水虫を治療する塗り薬・市販薬の種類について解説。塗り薬には、病院で処方するエフゲン、クレナフィン、ルコナック等がありますが、最近は爪水虫専用ジェルのクリアネイルショットが、その高い浸透力で、爪床の奥深くにいる白癬菌にまで効果があると評判です。
爪水虫を治療する飲み薬の種類と副作用について
爪水虫は、飲み薬での治療が常識とされていて、代表的な抗真菌剤は、ラミシールやイトリゾールです。ただ、胃部不快感や吐き気、特に肝臓機能障害の副作用が起こることがあります。治療期間中は定期的な血液検査をすることで異常がないのかを調べることが一般的です。
爪水虫を自分で治すために必要な知識特集
爪水虫は、病院で内服薬をもらって治療する方法もありますが、自分で治す方法として爪水虫用のジェルが最近販売され、一定の効果がでています。ただ六か月以上は毎日塗り続けなければいけません。さらにヤスリを使ったケア方法やアルコールを使った予防も大切になります。
爪水虫の予防で最低限やっておきたい事特集
爪水虫は他の家族、赤ちゃんにも伝染る可能性があるので、しっかりと対策をしておかなければなりません。ここでは靴下や玄関マットやお風呂マット、布団の取り扱い方、足湯、ネイルでの予防対策について書いています。
実は女性にも多い爪水虫の対処方法は?
実は女性にも多い爪水虫の対処・治療方法は、病院で専用の塗り薬と飲み薬を処方してもらう方法が基本ですが、自宅で爪水虫のケアを行う方法もあります。授乳中や爪水虫をうつさないネイルケア・爪きりの注意点、アロマオイルの殺菌効果について説明します。
手の爪も爪水虫になる!治療に必要なこと
足の爪水虫が手にもうつる事があり、指先の爪に症状が出るようになります。手の爪水虫の治療方法としては、塗り薬などの外用薬だけでなく、内服薬も併用が基本になりますが、足水虫同様、爪のターンオーバーのことから治療するのに時間がかかります。